滋賀のモデルハウスを見るメリット

  • 滋賀のモデルハウスで下調べをする

    • 一戸建てを建てる時に注意したいポイントはいくつかあります。
      一つ目はどのような施工方法で建てるのかというところです。
      在来工法、ツーバイフォー工法、プレハブ工法、重量鉄骨工法、RCなどがあります。

      在来工法は昔からある日本伝統の建築方法で、大工さんの技術で完成度に大きな差が出てきます。



      最近ではあまり使われていない建築方法ですが、木のぬくもりを感じる家を建てるならピッタリの建築方法です。

      ツーバイフォー工法はアメリカから入ってきた技術で、あらかじめ決まったサイズの材料で、効率的に作っていく建築方法です。


      プレハブ工法は柱、梁などの構造体が、厚さ6ミリ以下の鋼材で構成されていて、簡易的な居住空間としても使用されています。
      重量鉄骨工法は、材料の厚さが6ミリを超えるもの使用していて、メンテナンス性に優れている建築方法です。

      RCは、火災や地震に強く、耐久性は抜群です。

      しかし、価格はかなり高額になります。



      ログハウスは別荘などで使われる建築方法で、自然の中でのんびり過ごすのに向いています。しかし、天候に左右されやすい居住環境なので、そこの理解は必要です。このように色々な建築方法があるので、モデルハウスなどで実際の家に触れてみるのが大事です。
      滋賀には色々なモデルハウスがあり、滋賀で一戸建てを建てる予定がある人は、滋賀のモデルハウスに行ってみるとイメージが湧きやすいです。



      モデルハウスは見るだけでも楽しいので、お出かけついでにも行ってみると良いです。